くろねこ時計


プロフィール

月のひかり☆

Author:月のひかり☆
『自作俳句』
★我が裡に涼しき音で鳴る風鈴 ♪
『自作短歌』
★「猫ジャラシ風に揺れてる曇り日の失意の心励ます如く 」
『独り言』


Youtube音楽PV集Ⅱ



presented by Youtube音楽PV


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ






短篇小説

ー 蜘蛛 8 ー


kumonosu.jpg


この物語は作者が想像して書いたものであって
事実ではありません。登場人物は全て架空の人達です。
「蜘蛛」の過去の1~6のアドレスは右側リンクをクリックで
開けてご覧下さい。 短篇「蜘蛛7」  は鍵カッコをクリックしてください。   
 





タカが迷っていることを北岡は察したのだろう。

「タカさん、原田の所に今一番
行かないといけないのは
貴女だと僕は思いますよ。
今貴女が行かなければ、二人とも
大切なことを失ってしまいますよ。
行ってやって下さい。あいつの友達と
してお願いします!」

北岡は真剣な眼差しでタカを見つめた。

「そうでしょうか?行っても良ければ
私行かせて頂きます。」

「良いですとも!
何故そんなに遠慮するのですか・・?
承知して下さいますか?」

「はい・・」

「そうですか!良かった。
それなら、タカさんも今からすぐに
お家に帰って用意して待ってて下さい。
子供を隣に預けたら車で迎えに行きますから..
一緒に行きましょう」

「はい、よろしくお願いします。」


タカは原田の怪我がどの程度なのか
とても心配ではあったが、
自分一人だけでは、
いくら見舞いに行きたくても
行く勇気は無かったと思う。

北岡が誘ってくれたからこそ思いがけず
行けるようになったので嬉しかった。


家に帰ると、大急ぎで気に入った
秋物の服に着替えて、病院だから、
いつもより、化粧を控えめにして北岡の車を待った。

色んな気持ちが入り混じって胸がドキドキとした。

間もなく玄関のチャイムが鳴って北岡が来た。

ー続くー









      


風邪治り素顔のままで笑ってる
小さな鏡の若葉の中で♪
 

                   
        
                ー月のひかり☆ー



wakaba.jpg





読んでそのままの短歌です。


ふと気が付けば
長い風邪が治ったのか?

いつの間にか気分が
良くなっていました。


~♪~♪~♪~

↑の若葉は検索してお借りしました。
有難うございます。

http://f.hatena.ne.jp/
plummet/20090519161710



      

悲しみを黙ったままで言はぬ人
楓の若葉の如く爽やか ♪
 



         ー月のひかり☆ー



kaedenowakaba2.jpg





その人が愚痴をいうのを
殆んど聞いたことがありません。

一瞬に詠めた一首です。


~♪~♪~♪~




0609.gif




▼蜘蛛のイラストは
HPAzusaさんから
お借りしました。
有難うございます。

女の子のイラストは2つとも
ありがとうございます。

音楽はリチャードクレイダ-マンです。↓

ge;">




  








 | BLOG TOP |  NEXT»»